16.20 - メカニズムのプロパティ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

TDGSSのすべてのメカニズムには、プロパティの値に基づき、メカニズム機能を定義するプロパティのグループが含まれています。

プロパティの値には以下のような特性があります。
  • すべてのプロパティ値は二重引用符でTDGSS構成ファイルに表示する必要があります。すなわち、property=“value
  • プロパティの多く(MechanismEnabledなど)はすべてのメカニズムに共通ですが、 その他は一部のメカニズムに対してのみ有意です。
  • すべてのプロパティにデフォルト値が設定されています。
  • 多くのプロパティでは、メカニズムがプロパティ機能をサポートするかどうかを示すyesまたはnoの値のみを設定できます。
  • プロパティの中には、デフォルト プロパティ値を編集する必要のないものもあれば、デフォルト値がハード コードされていて編集不可のものもあります。
  • 多くの編集可能なプロパティは、デフォルト値の“”を持っている。これは、プロパティが以下であることを示している可能性がある。
    • 値はありません。
    • システムに格納されているデフォルト値に従います。
特定のセキュリティ機能を有効にするには、 ""以外の値を構成する必要があります。

プロパティのデフォルト値の変更を検討する場合は、その前にプロパティの機能について十分に理解しておく必要があります。

各プロパティをサポートするメカニズムの詳細については、サポートするメカニズムを参照してください。

プロパティの値の編集に関する詳細なガイドラインについては、構成ファイルの編集についてを参照してください。