16.20 - システム生成されたユーザーの推奨領域割り当て - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

プライマリ システム ユーザーは初回のシステム設定中に領域のデフォルト割り当てを受け取りますが、管理者はCrashdumpsとDBCユーザーのために領域を手動で調整する必要があります。

システム生成によるユーザーと関数 必要固定領域
Crashdumps

PDEメモリ ダンプが一時的に格納されます。

既定値の約 1 GB

crashdumps領域の割り当てについては、Crashdumpsデータベースへの固定領域の割り当てを参照してください。

DBC

初期状態では、すべての使用可能なディスク領域を所有します。

次を含みます:
  • データ ディクショナリ テーブル
  • ビューおよびマクロ
  • システム テーブル
  • ログと一時ジャーナル
管理者ユーザーに領域を割り当てた後、DBCは、利用可能な総領域のおよそ10%をシステム テーブルの格納場所として確保する必要があります。
DBCユーザー領域によって保持されている領域を他の機能のために使用することはできません。
管理者領域を割り当てる方法については、以下を参照してください。
SysAdmin

ネットワーク ベース ロード ジョブのテーブル、ビュー、およびマクロが含まれています。

SysAdminという名前を再利用しないでください。
~40 MBデフォルト
Sys_Calendar

日付関連関数のテーブルとビューが含まれています。

~15 MBデフォルト
SystemFe

診断テーブルおよびTeradataカスタマー サービスで使用するためのマクロが含まれています。

~60 MBデフォルト