16.20 - グローバル パスワードとプロファイル ベース パスワードの制御の比較 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

セキュリティ管理者は、SysSecDefaultsテーブルに示されるパスワード制御パラメータを、以下の方法でリセットできます。

データベースでパスワードは検証されないので、パスワード制御は外部認証ユーザーに影響しません。
リセット方法 説明 影響
UPDATE文を使用して パラメータ値を変更 制御をグローバルにリセットします。
これはグローバル リセットなので、影響を受けるパラメータのすべてのデフォルト制御値が元に戻ります。
  • グローバル パスワード制御は、データベースに定義されているすべてのユーザーに適用されます。
  • Teradata Database DBC.SysSecDefaultsテーブルはデータベースの起動時のみ。変更された値を有効にするには、データベースを再起動する必要があります。
以下の場合はパスワードが変更されることがあります。
  • 管理者が既存のユーザー定義を変更するか、またはユーザーがMODIFY USER文を使用して自分のユーザー定義を変更します。
  • パスワードが有効期限になり、ユーザーが新しいパスワードを作成します。
CREATE/MODIFY PROFILE プロファイルのメンバーのグローバル パスワード制御パラメータのみをリセットします。
変更は、次回のユーザー ログオン時に有効になります。
プロファイルベースのパスワード制御はプロファイル メンバー ユーザーの子にのみ適用されます。パスワード制御を管理者ユーザーに割り当てるには、制御が含まれているプロファイルを上級管理者に割り当てる必要があります。上級管理者は制御を他の下位の管理者ユーザーに渡すことができます。 プロファイル ベースのパスワード制御の効果も参照してください。