16.20 - 匿名バインドの構成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

ディレクトリの匿名バインドと匿名の読み取りを許可するサイトでは、次の例を使用して、LDAP (下記参照)、KRB5およびSPNEGOに対するサービスIDなしでのディレクトリ許可を有効にできます。

LdapServiceFQDNとLdapServicePasswordが構成されていないため、サービス バインドの使用に示すようにサービス バインドが自動で、バインドが匿名の場合、LdapServiceBindRequiredプロパティを構成する必要はありません。
<Mechanism Name="ldap">
  <MechanismProperties
     ...
     LdapServiceBindRequired="yes"
     LdapServiceFQDN=""
     LdapServicePassword=""
     ...
        />
</Mechanism>