16.20 - トリガー - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

トリガーの作成または置換では、トリガー関連の権限がトリガーの作成者と直接所有者のどちらにも付与されません。

権限は、トリガーに付与することはできません。そのトリガーが適用されるデータベースまたはテーブルにのみ付与できます。
目的 必要なユーザー権限
トリガーを作成する
  • 以下の両方に対するCREATE TRIGGER:
    • トリガーが作成されるデータベース
    • サブジェクト テーブルまたはそれを含むデータベース
  • WHEN句またはトリガー対象SQL文subqueryで参照されている任意の列に対するSELECT
  • トリガー対象のSQL文ターゲット テーブルに対するINSERT、UPDATE、またはDELETE (トリガー対象アクションによって異なる)
  • 個別のトリガー対象SQL文を実行するために通常必要になる権限
トリガーを置換する トリガーを置換するために必要な権限:
  • サブジェクト テーブルまたはデータベースに対するDROP TRIGGER

    例外は、ターゲット トリガーが存在しないために新しいトリガーを作成しようとしてREPLACE TRIGGERを使用した場合です。この場合は、以下の両方に対するCREATE TRIGGER権限が必要です。

    • トリガーが作成されるデータベース
    • サブジェクト テーブルまたはそれを含むデータベース
  • WHEN句またはトリガー対象SQL文subqueryで参照されている任意の列に対するSELECT
  • トリガー対象SQL文によって応じて、トリガー対象のSQL文ターゲット テーブルに対するINSERT、UPDATE、またはDELETE
  • 個別のトリガー対象SQL文を実行するために通常必要になる権限
トリガーを削除する サブジェクト テーブルまたはそれを含むデータベースに対するDROP TRIGGER権限
トリガーを実行する トリガー文を実行するために必要な権限
加えて、トリガーの直接所有者に必要な権限:
  • サブジェクト テーブルまたはそれを含むデータベースに対するCREATE TRIGGER
  • CREATE TRIGGER文のWHEN句で参照されている任意の列、または、文を実行するために読み取りアクセスが必要なトリガー対象アクション文内の任意の列に対するSELECT