16.20 - Teradata Databaseノードでの構成の変更 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
  1. 最小のID番号をもつTeradata Databaseノードにおいて、TdgssUserConfigFile.xmlを含むディレクトリに移動します。
    cd /opt/teradata/tdat/tdgss/site
  2. TdgssUserConfigFile.xmlのバックアップ コピーを作成し、標準バックアップ手順に従って保存します。
  3. viなどのテキスト エディタを使用して、TdgssUserConfigFile.xmlを編集します。
  4. まだ外していない場合は、TDNEGOメカニズム セクションのコメント記号を外し、必要に応じてプロパティを編集します。
    TDNEGOセクションにおいて、DefaultMechanismプロパティを“yes”に設定してはいけません。DefaultMechanismがyesに設定してあると、デフォルト メカニズムを要求する古いクライアントはログオンできません。
    • 新たにインストールするのではなく、アップグレードを実行する場合、/opt/teradata/tdat/tdgss/siteディレクトリ内のTdgssUserConfigFile.xmlは保持されるのでファイルにTDNEGOメカニズムが入っていない可能性があります。/opt/teradata/tdat/tdgss/<version>/etcディレクトリのTdgssUserConfigFile.xmlからTDNEGOメカニズムをコピーし、/opt/teradata/tdat/tdgss/site/TdgssUserConfigFile.xmlファイルに貼り付けます。必要に応じて編集します。
    • (オプション)Teradata Database15.10にアクセスするためにTDNEGOネゴシエーション メカニズムとしてSPNEGOを使用するTTU 16.0以降の .NETクライアントがある場合には、以下の構成の詳細を参照してください: TTU 16.0 .NETクライアント用Teradata Database 15.10のTDNEGOによって提供されるSPNEGOメカニズム
    • (オプション) DefaultNegotiatingMechanismを編集します。例えば、TDNEGOをDefaultNegotiatingMechanismとして設定するには、TDNEGOメカニズムでプロパティを"yes"に更新します。
  5. run_tdgssconfigユーティリティを実行してTDGSSCONFIG GDOを更新します。
    /opt/teradata/tdgss/bin/run_tdgssconfig
  6. tparesetを実行し、TDGSS構成への変更を適用します。
    tpareset -f “use updated TDGSSCONFIG GDO”
Teradata Databaseシステムの任意のノードからこの手順を1回だけ実行する必要があります。run_tdgssconfigツールを実行すると、変更がすべてのデータベース ノードに反映されます。