16.20 - 緊急時における全IP制限の除去 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

例えば、すべてのユーザー(DBCユーザーを含む)のログオンを制限するなど、IP制限に深刻なシステム上の問題を引き起こすエラーが発生した場合、すべてのIP制限を直ちに削除します。XMLベースIP制限のテストまたはディレクトリ ベースIP制限のテストに示すテスト手順に従っていれば、この緊急手順が必要になることはありません。

  1. 診断で使用できるように現在のGDOファイルのバックアップ コピーを保存します。
    cp /etc/opt/teradata/tdconfig/ipfilter.gdo  /etc/opt/teradata/tdconfig/ipfilter.gdo.save
  2. 既存のGDOファイルをblank.xmlファイルに置き換えてIPフィルタを無効にします。
    /opt/teradata/tdgss/bin/ipxml2bin -G /etc/ipfilter.xml
    Tparesetは必要ありません。
  3. IP制限を編集して問題を解決したら、修正した制限をテストして有効にします。
    制限実装の内容に応じて次のいずれかを参照してください。