16.20 - LdapClientRandomDevice - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

The LdapClientRandomDeviceプロパティは、デフォルトの乱数生成ルーチン、例えば、Linuxの/dev/[u]randomが使用できない場合、または他の乱数生成ルーチンが望ましい場合に、ランダム ビットを提供するデバイス、FIFOまたはパイプを指定します。

このプロパティはDIGEST-MD5バインドを使用するシステムでサポートされます。SSLまたはTLS保護付きのシンプル バインドを使用するシステムについては、LdapClientTlsRandFileを参照します。

デフォルト プロパティ値

デフォルトの設定は""で、デバイス無し、FIFO、またはパイプを指定します。

有効な設定値

設定 説明
"" 乱数生成ルーチンが指定されていない。システムは、オペレーティング システム用のデフォルトの乱数生成ルーチンを使用する。
ファイル名 ランダム ビットを提供するデバイス、FIFO、またはパイプを指定する。

編集ガイドライン

  • 値を設定するには、LDAPメカニズムについてこのプロパティを手動でTdgssUserConfigFile.xmlに追加する必要があります。 構成ファイルの編集についてを参照してください。
  • 使用する場合は、このプロパティをデータベースおよびUnity上で編集します。 Unityのメカニズム プロパティ値の統合も参照してください。
  • 可能であれば、デフォルト設定を使用します。デフォルトの乱数生成ルーチンが使用できない場合、あるいは他の乱数生成ルーチンを使用する場合のみに、LdapClientTlsRandFileに値を指定します。
  • デフォルトが使用できない場合、乱数生成ルーチンを提供するために、EDGまたはPRNGDのコピーをすべてのノードにインストールし、このプロパティの値をEGDまたはPRNGDソケットの名前に設定します。
    EGDまたはPRNGDのインストールされたコピーは、すべてのTeradata Databaseノードにおいて同じ名前を持っている必要があります。詳細については、EGDまたはPRNGDのReadmeファイルを参照します。