16.20 - サイト オブジェクトの検索 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
Teradataコマンド プロンプトで、次のldapsearchコマンドのいずれかを使用して、ドメイン内のサイトオブジェクトを検索します。
  • シンプル バインド:
    ldapsearch -x -D  user@domain  -W -H ldap://dir_name -ZZ \
       -b "CN=Sites,CN=Configuration,DC=domain,DC=COM" -s one
       "(objectClass=site)" cn
  • DIGEST-MD5バインディングの場合:
    ldapsearch -Y DIGEST-MD5 -U  user_name  -H ldap://dir_name \
       -b "CN=Sites,CN=Configuration,DC=domain,DC=COM" -s one
       "(objectClass=site)" cn

説明:

オプション 説明
-H ldap:// ディレクトリ スキームを指定します。
dir_name 構成名前付けコンテキストの場所を特定する例えばのdir_nameなど、ドメイン内のディレクトリ サーバーのDNS名を指定します。
-b "CN=Sites,CN=Configuration,DC=DOMAIN1,DC=COM" 検索範囲を指定します。この例では、構成名前付けコンテキストの場所を特定するで説明しているドメイン構成名前付けコンテキスト内のすべてのサイトが検索範囲です。
-s one "(objectClass=site)" cn サイト オブジェクト クラスの1つ上のレベルの親オブジェクトを検索ベースとして識別します。

ldapsearchコマンドは、以下と同様の出力を返します。

# extended LDIF
#
# LDAPv3
# base <CN=Sites,CN=Configuration,DC=DOMAIN1,DC=COM> with scope oneLevel
# filter: (objectClass=site)
# requesting: cn

# ChicagoDiv, Sites, Configuration, DOMAIN1.COM
dn: CN=ChicagoDiv,CN=Sites,CN=Configuration,DC=DOMAIN1,DC=COM
cn: ChicagoDiv

# NewYorkDiv, Sites, Configuration, DOMAIN1.COM
dn: CN=NewYorkDiv,CN=Sites,CN=Configuration,DC=DOMAIN1,DC=COM
cn: NewYorkDiv

# SanDiegoHQ, Sites, Configuration, DOMAIN1.COM
dn: CN=SanDiegoHQ,CN=Sites,CN=Configuration,DC=DOMAIN1,DC=COM
cn: SanDiegoHQ

# search result
search: 2
result: 0 Success

SanDiegoHQは、他の場所からアクセスしているユーザーのサイト認識ローカル認証を必要とするTeradata Databaseシステムの格納場所です。