16.20 - マクロおよびストアド プロシージャでユーザー アクセスの制限 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

マクロとストアド プロシージャはデータベース内で特定のジョブ機能を実行する、事前作成されたルーチンです。マクロまたはストアド プロシージャに対するEXECUTE権限をユーザーに付与し、ユーザーがデータベース オブジェクトに対して実行できるアクションを、そのルーチンが許可するアクションに制限することができます。

マクロは、ユーザーがデータベースへの限られたアクセスしか必要としない場合に、レポートや反復データ入力タスクを生成するのに便利です。マクロは次の目的で構築できます。
  • 特定の列、例えば人事テーブルの名前、住所、電話番号などに値を入力することを許可する一方で、他の列を選択することは許可しない、といった操作ができます。
  • データとの対話をユーザーに許可することなく、レポート用のデータを収集します。

ストアド プロシージャを構成してデータベースで複雑なタスクを実行できますが、実行ユーザーにはストアド プロシージャに対するEXECUTE権限のみを付与します。

関連情報

事項 参照先
マクロおよびストアド プロシージャの作成
  • Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
  • Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184
マクロおよびストアド プロシージャの使用 Teradata Vantage™ - データベース管理、B035-1093
行レベル セキュリティ テーブルに関するマクロまたはストアド プロシージャを実行するユーザーに必要な追加の権限