16.20 - ルート ドメイン名の検索 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

フォレスト内のすべてのActive DirectoryサーバーはRootDSEオブジェクトにrootDomainNamingContext属性を公開します。この属性にはGC名前付けコンテキストのDNが含まれます。またこの属性はGCが自身を登録するDNSドメイン名にも対応しています。

  1. ldapsearchユーティリティを使用してDNSドメイン名を取得してください。
    ldapsearch -x -b “” -s base -H ldap://dir_name  rootDomainNamingContext

    説明:

    • -x、-b、 ""、-s base、および-H://の意味は、構成名前付けコンテキストの場所を特定するに示されている意味と類似しています。
    • dir_nameはルートドメイン内のディレクトリのDNS名です。

      Ldapsearchコマンドは次のような出力と同様の出力を生成します。

      # extended LDIF
      #
      # LDAPv3
      # base <> with scope base
      # filter: (objectclass=*)
      # requesting: rootDomainNamingContext
      #
      #
      dn:
      rootDomainNamingContext: DC=ROOTDOMAIN,DC=COM
      
      # search result
      search: 2
      result: 0 Success
      
      # numResponses: 2
      # numEntries: 1

      ここで、rootDomainNamingContextはDC=ROOTDOMAIN,DC=COMです。

  2. DC =を削除してrootDomainNamingContextの値からDNSドメイン名を派生させることができます。その結果DNSドメイン名はROOTDOMAIN.COMとなります。
    ドメイン名では大文字と小文字が区別されないので、この手順の残りのタスクでは、必要に応じてrootdomain.comという名前を使用できます。