16.20 - LdapServiceBindRequired - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

LDAPはサービス バインドを必要とするかどうか、すなわち、Teradata Databaseはこのディレクトリに対して自己を認証する必要があるかどうかを指定します。 サービス バインドの使用を参照してください。

サービス バインドは自動的に発生し、認証メカニズムが以下を指定したときはこのプロパティの設定を無視します。

有効な設定値

設定 説明
yes サービス バインドが必要
no (デフォルト) サービス バインドは不要

編集ガイドライン

  • 値を設定するには、LDAPメカニズムについてこのプロパティを手動でTdgssUserConfigFile.xmlに追加する必要があります。 構成ファイルの編集についてを参照してください。
  • このプロパティは、データベース ノードおよびUnityサーバー(使用する場合)上で編集します。 Unityのメカニズム プロパティ値の統合も参照してください。
  • システムがサービス バインディングを使用する場合、このプロパティをyesに設定する必要があるかどうかにかかわらず、おそらくLdapServiceFQDNLdapServicePassword、およびLdapServicePasswordProtectedのプロパティを構成する必要があるでしょう。これらのコンパニオン プロパティを構成しないと、ディレクトリは自動的に匿名バインドを使用します。