16.20 - 前提条件 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
  • サポートされているLDAPv3準拠ディレクトリを使用する必要があります。Teradata Databaseとの使用が許可されているディレクトリのリストについては、ユーザーのディレクトリ管理のためのシステムの評価を参照してください。
  • LDAPの実装に進む前に、データベース ユーザーのディレクトリ管理に示されているディレクトリ オプションを考慮する必要があります。
  • 外部認証を使用可能にする。 外部認証制御についてを参照してください。
  • LDAP認証ユーザーがUnityを使用してログオンする場合は、Unityおよび接続されているTeradata Databaseシステムの構成LDAPメカニズムのプロパティを調整する必要があります。<Teradata® Unity™のインストール、構成、アップグレード ガイド、ユーザー用、B035-2523>と<Teradata® Unity™ユーザー ガイド、B035-2520>を参照してください。