16.20 - TeraGSSの制限 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
TeraGSSの制限事項を以下にリストします。
  • TTU 16.10以降では、LDAPサーバー側のサポートはありません。LDAPメカニズムにおけるLDAPのプロパティの設定や<LdapConfig>セクションの設定はできなくなりました。
  • TTUのSPNEGOメカニズムに対するクライアント側のサポートはありません。このメカニズムは、.NETデータ プロバイダをサポートするためにTDGSSにのみ存在します。したがって、クライアントでteragssAdminを使用してSPNEGOを構成することはできません。
  • TTUではPROXYメカニズムのサポートはありません。このメカニズムは、UnityをサポートするためにTDGSSにのみ存在します。現在、UnityはTeraGSSではなくTDGSSを使用します。プロキシの設定と管理の詳細については、次のUnityのマニュアルを参照してください。<Teradata® Unity™のインストール、構成、アップグレード ガイド、ユーザー用、B035-2523>および<Teradata® Unity™ユーザー ガイド、B035-2520>。
  • TTUには、クライアント マシンごとに優先デフォルトTeraGSS認証メカニズムを設定するための構成があります。デフォルトのメカニズムの設定は引き続きTeraGSSでも可能ですが、TeraGSSではなくTTUを設定することを推奨します。詳細については、Teradata Tools and Utilitiesのマニュアルを参照してください。
  • TD1、NTLM、NTLMC、およびKRB5Cの互換性メカニズムは廃止され、削除されました。