16.20 - DBC.SessionInfoX - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

DBC.SessionInfoXビューは、現在ログオンしているユーザーについての情報を提供します。セッション ソース(ホスト接続、ログオン名、アプリケーション)、クエリー バンド、現在のパーティション、照合、ロール、パスワード ステータス、トランザクションの種類、LDAPステータス、および監査証跡ID(user authcid)を含みます。

セッション プールで開始されたセッションのコレクションに関する情報については、DISPLAY POOLコマンドを使用します。詳細は、<Teradata® TDPリファレンス、B035-2416>を参照してください。

多層クライアント アーキテクチャを使用している場合、このビューのLogonSourceフィールドでは、ユーザーIDとアプリケーション名など、サーバー層に由来するソース固有の識別情報が提供されます。

TCP/IPセッションのデータ文字列は、CLIv2によってLogonSourceフィールドに挿入され、128バイトを超える文字列は切り捨てられます。