16.20 - 整合性QOPポリシーへのメンバーの割り当て - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

Teradataユーザー別、ディレクトリ ユーザー別、Teradataプロファイル別、および内部または外部ネットワーク グループ別に保全性QOPメンバーシップを割り当てることができます。

ユーザーが機密性ポリシーの一部として含まれているものを含む複数の保全性ポリシーのメンバーである場合は、最も強度の高いポリシーが優先されます。

次の例は、既存のtdatUserまたはディレクトリ プリンシパル オブジェクトのDNを使用してQOPのメンバーシップを割り当てる方法を示しています。

ポリシー メンバーとしてユーザーを指定する場合のルール一覧については、ポリシーのメンバーとしてユーザーを指定するためのルールを参照してください。