16.20 - スキーマのインストール オプションについて - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

Teradata GSSファイルには、サポートされている各ディレクトリ タイプで使用できる2種類のTeradataディレクトリ スキーマ拡張があります。

スキーマ型 説明
tdat.< dir type >.schema 基本スキーマ。

Teradataディレクトリ オブジェクトを作成し、ディレクトリ ユーザーにマップすることができます。

ipfilter.< dir type >.schema オプションのIP制限 スキーマ。

IPアクセス制限を作成し、ディレクトリ ユーザーにマップすることができます。

IP制限スキーマは、基本スキーマをインストールしないと使用できません。
policy.<dir type>.schema オプションのセキュリティ ポリシー スキーマ。

セキュリティ ポリシーとポリシー構成要素を作成し、ポリシーをユーザーに割り当てることができます。

Teradataセキュリティ ポリシー スキーマは、Teradata基本スキーマをインストールしないと使用できません。
ipnetwork.adam.schema オプションのipNetworkスキーマ。セキュリティ ポリシーをIPアドレス範囲に割り当てるためだけに、またADAMまたはAD LDSディレクトリにだけ割り当てるために使用します。 ipNetworksおよびネットワーク グループの構成を参照してください。
このスキーマはTeradata基本スキーマに依存していないため、ネイティブのディレクトリ スキーマの実装で使用することができます。