16.20 - 評価と実装のプロセス - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
  1. デフォルトのDIGEST-MD5バインド スキームの代わりにシンプル バインドを実装する必要性を決定します。 以下を参照してください。
  2. 必要な場合はバインド スキームを変更します。 シンプル バインドの実装を参照してください。
  3. LDAPがユーザーを認証する前にディレクトリがデータベース システムまたはUnityサーバーを認証するサービス バインドの必要性を評価します。 サービス バインドの使用を参照してください。
  4. 必要な場合はサービス バインドを実装します。 サービス バインドに関わる操作を参照してください。
  5. 匿名サービス バインドの使用を許可するサイトでは、オプションで匿名サービス バインドを構成できますが、推奨されていません。 匿名バインドの使用を参照してください。