16.20 - 前提条件 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

LDAP証明書のプロパティを構成する前に基本保護を有効にします。 基本SSLまたはTLS保護の使用を参照してください。

Teradata Database(teradata)を実行するLinuxユーザーには、LdapClientTlsCACertプロパティで指定したディレクトリへの読み取りアクセス権が必要です。リリース14.0より前にこのプロパティを構成したサイトの場合、リリース14.0へのアップグレード時にスクリプトによって自動的にアクセス権が付与されます。リリース14.0以上でこのプロパティを構成したサイトの場合、手動でアクセス権を割り当てる必要があります。アクセス権の要件については、OSレベル セキュリティ オプションに関わる操作を参照してください。