16.20 - XMLドキュメントにおけるIP制限の編集 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
  1. /opt/teradata/tdat/tdgss/siteディレクトリから既存のIP XML制限ドキュメントを取得します。
  2. 既存のIP XML制限ドキュメントを将来参照できるように別のディレクトリに保存します。
  3. 既存のIP XMLドキュメントのコピーを編集して、XML制限ドキュメントの作成のルールに従って、不要な制限を改訂または削除します。 IP XML制限の設計を参照してください。
  4. 改訂されたIP XML制限ドキュメントを/siteディレクトリに保存します。

    完成したXML IP制限文書の保存を参照してください。

  5. 改訂された制限をGDOにコミットします。 ipxml2binユーティリティによるXMLベースのIP制限の有効化を参照してください。
    IP制限の編集後にtparesetを実行する必要はありません。リセットはIP制限の初回の設定にのみ必要です。GDOアップデートは直ちに反映されます。
  6. 改訂の制限をテストします。 XMLベースIP制限のテストを参照してください。
  7. テストの結果が目的の結果になるまで編集ステップを再実行します。