16.20 - 他のLDAPツールについて - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

tdgssauthおよびldapsearchに加えて、TDGSSにはTeradataによってカスタマイズされた共通利用できるその他のディレクトリ ツールがいくつか含まれており、Teradata Databaseとのインターフェースを持つディレクトリの管理に役立ちます。これらのツールはOpenLdapに準拠していますが、LDAP準拠のディレクトリで提供される類似の名前のツールとは多少異なる場合があります。

LDAPツール 説明
ldapcompare ディレクトリ オブジェクトを検索フィルタと比較し、オブジェクトがフィルタ基準を満たすかどうかの真/偽の評価を返します。
ldapdelete ディレクトリからオブジェクトを削除します。
ldapmodify 新規オブジェクトを追加したり、ディレクトリ内の既存オブジェクトを変更したりします。
ldapmodrdn ディレクトリのオブジェクトの名前を変更します。
ldappasswd ディレクトリ パスワードを変更します。
このツールはPASSWORD-MODIFY拡張操作をサポートするディレクトリだけで機能します。サポートするすべてのディレクトリには、RootDSE supportedExtension属性の値として1.3.6.1.4.1.4203.1.11.1が含まれています。
ldapsearch ディレクトリのオブジェクトを検索します。
ldapwhoami ディレクトリにバインドして、ユーザーの ディレクトリIDを見つけます。

サポートするすべてのディレクトリには、RootDSE supportedExtension属性の値として1.3.6.1.4.1.4203.1.11.1が含まれています。

LDAPツールは、TDGSS binディレクトリ(/opt/teradata/tdgss/bin)で見つけることができます。

LDAPツールは業界標準であるため、このマニュアルではツールの使い方は必要最低限しか説明していません。その他の使用方法については、OpenLdapのWebサイト: http://www.openldap.orgを参照してください。