16.20 - TDGSS構成の編集の一般ルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
  • 認証メカニズムを個別に有効または無効にすることはできますが、セッションのオペラント メカニズムがクライアント、Unityサーバー(使用されている場合)またはデータベースで無効になっているとログオンに失敗します。 これはシステムで選択されるメカニズム(デフォルト)とユーザーが選択するメカニズムの両方について当てはまります。
  • セキュリティ要件はTeradataクライアントによって異なる場合があります。別のメカニズム セットを構成して有効にしたり、異なるクライアントに対して異なるデフォルト メカニズムを定義すると便利です。
  • デフォルト メカニズムとして指定できるのは1つのメカニズムだけです。システムは自動的にデフォルト メカニズムを使用するため、ユーザーはログオン時にメカニズムを指定する必要はありません。
  • メカニズム プロパティの値を編集する前に、プロパティの編集ガイドラインを確認してください。メカニズムのプロパティで始まるトピックを参照してください。
  • 多くのメカニズム プロパティの編集は、Teradata DatabaseノードおよびUnityサーバー(使用している場合)のみ有効です。
  • Teradataのクライアントの場合、MechanismEnabledプロパティとDefaultMechanismプロパティのみを構成できます。
  • ユーザー ログオン、ジョブ スクリプト、またはクライアント アプリケーションの事前設定でメカニズムが指定されていない場合、システムは最初に検出した構成済みDefaultMechanismを以下の順序で使用します。
    1. クライアントTdgssUserConfigFile.xmlデフォルト
    2. Unityデフォルトを構成したUnity(使用されている場合)。UnityのTDGSS構成の詳細については、<Teradata® Unity™のインストール、構成、アップグレード ガイド、ユーザー用、B035-2523>を参照してください。
    3. Teradata Database TdgssUserConfigFile.xmlデフォルト
  • ディレクトリの認証や許可、Teradata Unityの使用など、一般的なセキュリティ管理戦略を実装する過程で、特定のプロパティを編集する必要があります。
  • 一部のオプションのプロパティとメカニズムは、TdgssUserConfigFile.xmlには表示されません。これらは構成する前に、手動でTdgssLibraryConfigFile.xmlからコピーしTdgssUserConfigFile.xmlに追加する必要があります。