16.20 - Teradataスキーマ拡張機能を使用してセキュリティ ポリシーの構成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

Teradataスキーマ拡張機能を使用してセキュリティ ポリシーを構成するには、ディレクトリに特別なTeradataポリシーのスキーマ拡張機能をインストールする必要があります。

ディレクトリにポリシー構造を作成するためにTeradataポリシー スキーマを使用する場合は、通常はディレクトリ許可を設定するために使用されるベースTeradataスキーマ拡張機能(tdat.<dir_type>.schema)もインストールする必要があります。そして、LDAP許可を使用しない場合でも、ポリシー メンバーシップを定義するのに必要なユーザーおよびプロファイル オブジェクトを追加しなければなりません。

自分のディレクトリ型にTeradataスキーマ拡張機能をインストールすることに関する情報は、証明済みディレクトリへのTeradataスキーマ拡張のインストールを参照してください。