16.20 - SET SESSIONを使用した、セッションのセキュリティ制約値の変更 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

セキュリティ制約の値が複数割り当てられたユーザーは、次のように、SET SESSION CONSTRAINTを使用して、デフォルト値を別の割り当て値に置き換えることができます。

SET SESSION
CONSTRAINT =  constraint_name  {(value_name  ... [,value_name]|(NULL)} ... [,CONSTRAINT =  constraint_name  {(value_name ... [,value_name])|(NULL)}

説明:

構文要素 説明
CONSTRAINT = constraint_name セッションのデフォルト値をリセットするセキュリティ制約で、次の条件を満たす必要があります。
  • 既存の制約オブジェクト
  • 現在、ユーザーに割り当てられています

SET SESSION文では、最大6個の非セット制約と2セットの制約を指定できます。

  • value_name ...
  • [,Value_name] | (NULL)
指定の制約名と実行ユーザーに対して有効な1つ以上の値の名前。

value_nameの指定が、現行セッションの制約値に置き換わります。

制約の値がすでにセッションに割り当てられていて、その制約がSET SESSIONリクエストで指定されていない場合、その制約の値は変更されません。

Value_nameの指定には、次の制限があります。

  • 非階層(セット)制約の場合、ユーザーに(プロファイルまたはユーザー定義で)割り当てられている値を必要なだけいくつでも指定できます。システムは指定の値をセッションの値として使用します。
  • 階層型(非セット)の制約の場合、プロファイルまたはユーザー定義のいずれかから代替値を1つ指定できます。
  • 制約名の後にNULLオプションが続く場合、セッション ラベルから制約が削除されます。