16.20 - ホスト グループ制限の使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
  • デフォルトでは、クライアントは自己の接続先のすべてのtdpidを介してデータベースにログオンできます。
  • Teradata Databaseホスト接続の場合:
    • 同じtdpidに割り当てられたすべてのCOP接続は、同じホスト グループ内になければなりません。
    • LANカードは複数のホスト グループの一部にすることができますが、各ホスト グループには個別のIPアドレスが必要です。デフォルトでは、各LANカードは1つのIPアドレスにだけ接続します。
    • LANカードごとに複数の並列セッションを実行できます。
  • Teradata ODBCドライバまたはクライアント ホスト ファイルで個々のIPアドレス接続またはCOP接続を定義しないことをおすすめします。これらの接続によってDNS割り当てが上書きされて、REVOKE LOGON ONhostidの設定に影響する可能性があります。