16.20 - ディレクトリ サーバー証明書の確認 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

SSL/TLSの高度なオプションには、ディレクトリ サーバーに1つ以上のセキュリティ証明書がある必要があります。 証明書のインストール手順と要件については、ディレクトリ製造業者のマニュアルを参照してください。

OpenLDAP標準は、PEM形式の証明書のみをサポートし、パス フレーズによるPEM証明書のロックを許可しません。

ディレクトリ サーバーによって提供される証明書には、そのsubjectのCN属性の値としてディレクトリ サーバーの完全修飾DNS名が含まれている必要があります。この要件はOpenSSLおよびOpenLDAPによるものです。ディレクトリ サーバー証明書がこの要件を満たしていない場合、TDGSSではその証明書を使用できません。