16.20 - CTCONTROL権限の付与 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

GRANT CTCONTROL文を使用することで、信頼済みセッションのセットアップおよび管理のための権限をユーザーに提供することができます。例:

GRANT CTCONTROL ON  trusted_user  TO  database_username  ;
説明
  • trusted_userは、信頼済みセッションを実行するように設定されている中間層アプリケーションのTeradata Databaseユーザー名です。
  • database_usernameは永久Teradata Databaseユーザーの名前です。例えば、信頼済みユーザー アプリケーションのプロキシ ユーザーおよび関連するロールを管理する権限を取得するSECADMINなどです。
GRANT CTCONTROL文で指定できる信頼済みユーザーは1人だけですが、管理者ユーザーは文ごとに最大25人指定できます。

GRANT CTCONTROL文の使用の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。