16.20 - ゾーンのモニターのためのロギングの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

BEGIN LOGGING、END LOGGING、BEGIN QUERY LOGGING、REPLACE QUERY LOGGING、END QUERY LOGGING、およびSHOW QUERY LOGGINGを含む、ゾーン内のロギング構文は変更されません。ゾーン内のロギングおよびクエリー ロギング権限はゾーン以外のクエリー ロギング権限と同じです。

ゾーンDBAはゾーン レベルのロギングを使用してゾーンを監視し、ゾーン レベル クエリー ロギングを使用してゾーン内のユーザー クエリーを監視できます。DBCユーザー以外の非ゾーン ユーザーはZONE OVERRIDE権限を持たない限り、すべてのゾーンでオブジェクトのクエリー ロギングを有効にすることはできません。

Teradata DBCユーザーはゾーン制限なしでデータベース内のすべてのディクショナリ データにアクセスできます。ゾーン外の他のユーザーがシステム全体のディクショナリ データを収集する必要がある場合、DBCユーザーは彼らにZONE OVERRIDE権限を付与する必要があります。DBCユーザーはシステム初期化中にZONE OVERRIDE権限を受け取り、WITH GRANT OPTION権限がなくてもこの権限を他のユーザーに付与できます。この権限はディクショナリ テーブルおよびビュー アクセスのみに適用されます。データ テーブルへのアクセスには適用されません。

GRANT ZONE OVERRIDEおよびREVOKE ZONE OVERRIDEの使用については、<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。