16.20 - LdapServicePasswordProtected - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

LdapServicePasswordProtectedプロパティの値は、LdapServicePasswordで定義されたパスワードが暗号化形式で保存されているかどうかを示します。tdspasswdツールの-sオプションを使用して、暗号化版のLdapServicePasswordを作成することができます。 識別情報検索実装プロセスを参照してください。

LdapServicePasswordプロパティはサービス バインドをサポートするすべてのメカニズムに使用可能です。

このプロパティを使用する場合、LdapServiceFQDNとLdapServicePasswordのプロパティも構成してください。

有効な設定値

設定 説明
yes TdgssUserConfigFile.xmlはLdapServicePasswordを暗号化形式で格納します。
no (デフォルト) TdgssUserConfigFile.xmlはLdapServicePasswordを平文で格納します。

編集ガイドライン

  • 値を設定するには、必要なメカニズムのTdgssUserConfigFile.xmlにこのプロパティを手動で追加する必要があります。構成ファイルの編集についてを参照してください。
  • データベース ノードおよび(使用されていれば)Unityサーバー上でこのプロパティを編集します。 Unityのメカニズム プロパティ値の統合も参照してください。
  • このプロパティでは、パスワードは暗号化されません。暗号化の識別子のみです。
  • パスワードを暗号化する場合は、サービス バインド用のTdgssUserConfigFile.xmlの編集の手順に従ってLdapServicePasswordプロパティの暗号化パスワードを生成し、TdgssUserConfigFile.xmlに挿入してから、LdapServicePasswordProtectedプロパティをyesに設定して、サービス パスワードが暗号化されていることを示します。