16.20 - セキュリティ制約管理権限の付与 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

GRANT文(SQL形式)を使用して、システム レベル セキュリティ制約管理権限をユーザーまたはロールに割り当てます。 例は以下のとおりです。

GRANT [CONSTRAINT DEFINITION|CONSTRAINT ASSIGNMENT]
TO [admin_user_name  (WITH GRANT OPTION)|admin_role_name] ;

説明:

権限 説明
CONSTRAINT DEFINITION ユーザーは、CREATE、ALTER、またはDROP CONSTRAINTオブジェクトを使用でき、SHOW CONSTRAINT文を実行できます。
CONSTRAINT ASSIGNMENT ユーザーは次のことを実行できます。
  • ユーザーとプロファイルにCONSTRAINT値を割り当てる
  • 制約上書き権限を付与するか取り消す
  • テーブルにセキュリティ制約列を定義する。
  • SHOW CONSTRAINT文を実行する
[admin_user_name|admin_role_name] 権限を受領する管理者ユーザーまたはロール(受領者)
WITH GRANT OPTION 受領者が行レベル セキュリティ管理権限を他のユーザーまたはロールに付与できるようになります。
WITH GRANT OPTIONはロールの付与に適用されません。