16.20 - tdatUser - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

各 tdatUserオブジェクトは、Teradata Databaseユーザーを表わします。 IPFilterオブジェクトのipFilterMember属性にあるtdatUserオブジェクトを参照して、フィルタ ルールをそのユーザーに適用します。 ユーザー オブジェクトは、tdatContainerの子である必要があり、またTeradata Databaseのユーザー名であるcnを持っていなければなりません。

Unity環境では、tdatUserオブジェクトによって代表される各ユーザーはすべてのUnity管理データベース システムに存在しなければなりません。

各tdatUserはデータベースに定義されているユーザーに対応している必要があります。ディレクトリ ユーザーにIP制限を適用するには、必要な制限を持つTeradata Databaseユーザー オブジェクトにディレクトリ ユーザーをマッピングする必要があります。 ディレクトリ ユーザーへのIPFilterの適用を参照してください。