16.20 - LdapBaseFQDN - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

LdapBaseFQDNプロパティはディレクトリ ユーザーおよびグループを含むディレクトリ オブジェクトのFQDNを指定します。これは、ユーザーおよびグループ オブジェクトの場所を探すための検索ベースを提供します。

このプロパティは廃止予定であり、LdapGroupBaseFQDNプロパティとLdapUserBaseFQDNプロパティが優先されます。
  • LdapGroupBaseFQDNまたはLdapUserBaseFQDNのいずれかの値を設定した場合(推奨)、これらの値はLdapBaseFQDNの値を上書きします。
  • LdapGroupBaseFQDNまたはLdapUserBaseFQDNのいずれかの値を設定していない場合は、LdapBaseFQDNの値が使用されます。

有効な設定値

  • “”(デフォルト)、すなわち、検索ベースを指定しないプロパティ
  • すべてのディレクトリ ユーザーおよびグループを含むオブジェクトのFQDN(非推奨)

編集ガイドライン

  • LdapSystemFQDNはLDAPメカニズムにのみデフォルトで表示されます。KRB5またはSPNEGOでAuthorizationSupported = yesとなっている場合、メカニズムのTdgssUserConfigFile.xmlにLDAPSystemFQDNを追加して値を指定できます。TDGSS構成の変更を参照してください。
  • プロパティがデフォルトの""に設定されていて、ディレクトリがActive Directory、ADAM、AD LDS、または未認証のLDAPv3準拠ディレクトリの場合は、次の操作を行なう必要があります。
    • LDAP認証の場合のみ、LdapUserBaseFQDNを構成します。
    • LDAP認証の場合は、LdapGroupBaseFQDNを構成します。
  • このプロパティは、データベース ノードおよびUnityサーバー(使用する場合)上で編集します。 Unityのメカニズム プロパティ値の統合も参照してください。