16.20 - ネイティブ ディレクトリ スキーマを使用した内部ネットワーク グループの作成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
dn: cn=behind-the-firewall,ou=internal-network-groups,ou=policy1,
 ou=tdatroot,dc=domain1,dc=com
objectClass: groupOfNames
cn: behind-the-firewall
member: ou=internal-network-groups,ou=policy1,ou=tdatrootP,dc=domain1,
 dc=com
上記の例には、メンバーがgroupOfNamesの必須属性であり、少なくとも1つの値を持つ必要があるため、内部ネットワーク グループ コンテナを指すメンバー属性の定義が含まれています。

内部ネットワーク グループ コンテナのDNは使用されませんが、親のDNを使用すると「グループ ループ」が生じる可能性がないため、使用することが推奨されています。