16.20 - サービス バインドをサポートするLDAPメカニズム プロパティ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

サービス バインドをサポートするすべてのLDAPメカニズム プロパティを評価します。 システムにサービス バインドを実装する際には、これらのプロパティの一部またはすべてを構成する必要が生じる場合があります。

ディレクトリおよび使用されていればTeradata Unityサーバー上の各Teradata DatabaseのTdgssUserConfigFile.xmlを構成します。
プロパティ 設定 プロパティ値の設定
LdapServiceBindRequired Yes/No サービス バインドの要件を設定します。
  • Yes値は、TDGSSは常にサービス バインドを実行することを意味します。
  • No値(デフォルト)は、TDGSSはIdentitySearch要素が構成内に存在する場合のみ、サービス バインドを実行することを意味します。
LdapServiceFQDN 識別名 サービスIDを表わすディレクトリ内バインド可能オブジェクト、つまりTeradata DatabaseシステムまたはUnityサーバーを識別します。
LdapServicePassword 文字列 サイトのセキュリティ ポリシーがサービスFQDNのためのパスワードを要求している場合は、このプロパティの値としてパスワードを構成します。
LdapServicePasswordProtected Yes/No LDAPサービス パスワードを使用する場合、暗号化を有効にします。
  • Yes(デフォルト)は、TDGSSは保存されているLdapServicePasswordを暗号化形式で保存することを意味します。
  • Noは、TDGSSはLdapServicePasswordをプレーン テキストで保存することを意味します。

詳細な構成情報については、LDAPバインド プロパティを参照してください。