16.20 - CONSTRAINTオブジェクトについて - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

各CONSTRAINTオブジェクトは、以下のように行レベルのセキュリティ制約のセットを定義します。

  • 1つのセキュリティ ラベルのカテゴリと、そのカテゴリの値(レベルまたはコンパートメント)の範囲。
  • セキュリティ制約を定義し強制する、最大4つのUDF、INSERT、SELECT、UPDATEおよびDELETEの仕様。

CONSTRAINTオブジェクト内のセキュリティ制約を以下に適用することができます。

  • ユーザー。以下でCONSTRAINTオブジェクトを指定することによって
    • CREATE USER文またはMODIFY USER文
    • CREATE PROFILEまたはMODIFY PROFILE文(その後で、ユーザーにプロファイルを割り当てる)
  • テーブル。CREATE TABLE文またはALTER TABLE文に含まれるCONSTRAINTオブジェクトに対して指定された制約列を定義することによって。