16.20 - 既存のKerberosキーとマージキーの置き換え - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

例えば、サイトのセキュリティ ポリシーにより、定期的なキーの更新が必要なために、既存のKerberosキーを新しいキーに交換する必要がある場合は、インストール中に既存のキーを上書きできます。

  1. 最初のKDCに対するKerberosキーの初期インストールに示すように、最初のKDCの新しいキーをインストールします。
  2. インストール中に、鍵の配布先になるすべてのノードについてファイル内のすべての鍵セットが上書きされます。
追加のKDCの新しいキーがある場合、追加のKDC(キーのマージ)用のKerberosキーのインストールに示すように残りのキー セットをインストールし、上記のステップ1でインストールした最初の交換セットと追加のキー セットをマージします。