Aster Analyticテーブルおよび永続性 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
分析テーブルには、複数のトランザクション、セッション、または日付にまたがるデータが保持されています。分析テーブルを使用できるのは、派生データに対してのみであり、元のソース データには使用できません。データを数日よりも長い期間保持する必要がある場合は、正規テーブルを使用することを検討してください。
正規(永続)テーブルは、Aster Execution Engine(Aster-on-Hadoop)接続ではなく、通常のAster Database接続でのみ使用できます。
  • 分析テーブルは複製されず、システム再起動後も存続することはありません。
  • 分析テーブルはファクト テーブルまたはディメンション テーブルのいずれかです(複製されません)。
  • 分析テーブルはカラムナ記憶領域をサポートしていません。
  • 分析テーブルには論理バックアップおよび復元を実行できます。物理バックアップおよび復元はサポートされていません。
  • 分析テーブルを論理的にパーティション化されたテーブルとして作成できます。こうすると、テーブル階層全体が分析されます。
  • 継承される親/子テーブルとして分析テーブルを作成しないでください。