ログオン権限の変更 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
ログオン権限 タブを使用して、Vantageにログオンするデータベースユーザーの権限を付与および取り消します。また、ログオン権限を持つユーザーがログイン時にパスワードを入力する必要があるかどうかを指定することもできます。
  1. ナビゲータ ビューで、データベースをダブルクリックします。
  2. オブジェクト リスト ビューアでユーザーを右クリックし、ログオン権限の変更を選択します。
  3. ログオン権限が変更されるユーザーのスコープを選択します。
    オプション アクション
    すべてのユーザー すべてのユーザーにログオンの変更を適用する場合に選択します。
    特定のユーザー ログオンの変更が適用されるユーザーを指定する場合に選択します。
  4. ログオンの変更が特定のユーザーに適用される場合:
    1. リストからユーザー ルート データベースを選択します。
    2. 変更が適用される特定のユーザーを選択します。
    選択中にShiftキーを押すと、複数のユーザーを選択できます。
  5. ログオン権限が変更されるユーザーのホストを選択します。
    オプション アクション
    すべてのソース すべてのソースにログオンの変更を適用する場合に選択します。
    特定のホストID
    1. 変更が特定のホストIDにのみ適用される場合は、特定のホストIDを選択します。
    2. ホストIDを入力します。
  6. 表示をクリックして、選択したユーザーのログオン権限ステータスを表示します。
  7. ユーザーの行をクリックし、テーブルの上部にある凡例に従って、ログオン設定を選択するか、または選択解除します。

    ログオン権限を持つユーザーは、NULLパスワードを選択して、ログイン時にユーザーのパスワード入力が不要になるよう指定することもできます。

    複数の行がある場合は、すべてに適用を選択して、一覧表示されているすべてのユーザーに設定を適用できます。

  8. SQLタブをクリックして、生成されたSQLが正しいことを確認します。
  9. コミットをクリックします。