永続的ユーザーへの権限の付与 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
永続的なプロキシ ユーザーを許可タブを使用して、指定した信頼できるユーザーを介して接続し、永続的なユーザーにロールを設定する永続ユーザー(Vantageで定義されたユーザー)に権限を付与します。信頼できるユーザーは、永続的なユーザーのIDをアサートします。
  1. ナビゲータ ビューで、データベースをダブルクリックします。
  2. オブジェクト リスト ビューアで、ユーザーを右クリックし、権限を使用して接続を変更を選択します。
  3. オプションを追加または変更します。
    オプション アクション
    信頼できるユーザー 選択した永続的ユーザーにコネクト スルー権限を付与する信頼できるユーザーを選択します。
    信頼のみ (オプション)信頼のみオプションを指定してコネクト スルー権限を付与する場合は、このチェック ボックスを選択します。
    ユーザー ルート データベース ルート データベースに関連付けられている永続的ユーザーをユーザーリストに表示する場合に選択します。
    ユーザー コネクト スルー権限を受け取る、選択したユーザーまたはルート データベース ユーザーの子ユーザーを表示します。
    ロール 永続的ユーザーのロールを最大で15個選択します。
    ロールなし (オプション)ロールを指定しないで権限を付与する場合は、このチェック ボックスを選択します。
  4. SQL のカテゴリをクリックして、生成されたSQLが正しいことを確認します。
  5. コミットをクリックします。