オブジェクト コピー ウィザードについて - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities

オブジェクト コピー ウィザードを使用して、Teradataシステム間でオブジェクトをコピーします。コピーするテーブルを選択する場合は、データ フィルタを使用して、転送する列およびデータを指定することができます。 データを転送している間に、テーブルをロックすることもできます。

Teradataテーブルを転送するには、データ転送ウィザード Transferコマンドを使用するか、ドラッグ アンド ドロップ機能を使用します。データ転送ウィザードを使用して別のTeradataシステム内のデータとの間でデータをコピーする場合は、オブジェクト コピー ウィザードによってデータ転送が実行されます。

オブジェクト コピー ウィザードは、いくつかの画面インターフェースで構成されています。

インターフェース 説明
テーブルのコピー データ ソースと宛先のデータベースおよびオブジェクト名が表示されます。この画面を使用して、転送情報が正しいことを確認します。 データのコピーを選択して、ソース テーブル内のデータを宛先テーブルにコピーすることができます。 テーブルのロック オプションを使用すると、転送中にテーブルをロックできます。
コピー列のフィルタ 転送するテーブル内の列を選択できます。 コピー列のフィルタ画面はテーブル オブジェクトに対して固有です。 列を選択した後、この列内の転送するデータをフィルタすることができます。 デフォルトでは、すべてのデータが転送されます。
列の指定 転送する列、およびテーブル データを既存テーブルにコピーするときに割り当てるデータ型を選択できます。
SQLサマリー ソース オブジェクトを宛先にコピーする生成済みのデータ定義言語(DDL)スクリプトが表示されます。DDLを保存して後で実行するか、転送ジョブを作成し、終了をクリックして即座に実行することができます。