コネクト スルー権限の取消 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
取消タブを使用して、信頼できるユーザーを介した権限およびロールによる接続を取り消します。
  1. ナビゲータ ビューで、データベースをダブルクリックします。
  2. オブジェクト リスト ビューアで、ユーザーを右クリックし、権限を使用して接続を変更を選択します。
  3. 取消をクリックします。
  4. オプションを変更します。
    オプション アクション
    信頼できるユーザー 関連付けられたユーザーから以前に付与されたコネクト スルー権限およびロールを取り消している、信頼できるユーザーを選択します。
    取消 失効する権限リストでチェック ボックスを選択します。ユーザーには、関連付けられたロールに応じて、最大で15行を指定することができます。オンにすると、コミットした時点でコネクト スルー 権限またはロールが取り消されます。
    すべて取り消す (オプション)このチェック ボックスを選択すると、失効する権限リスト内のすべてのコネクト スルー権限およびロールを選択できます。
  5. SQLカテゴリをクリックして、生成されたSQLが正しいことを確認します。
  6. コミットをクリックします。