DDLの生成の基本 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
DDLの生成ウィザード:
  • Eclipseプロジェクトでテキスト形式のSQLスクリプト ファイル(デフォルトでは.sql拡張子)として保存できる既存のデータベースとデータベース オブジェクトのSQL CREATE、DROP、およびCOMMENT文を生成します。SQLエディタで、スクリプトを直接開いてスクリプトを編集して、指定された接続プロファイルで生成されたDDLを実行できます。
  • 異なるデータベースまたはユーザー間でデータベースオブジェクトをコピーするために、異なる接続プロファイルの異なるサーバー間でデータベース スキーマの一部または全体をコピーします。
  • 複数のオブジェクトを削除する必要があるときに時間を節約するため、複数のオブジェクトまたはオブジェクト カテゴリに対してDROPステートメントを生成して実行します。
  • 以前の状態に戻す必要がある場合に備えて、現在のデータベース構造のバックアップとして使用できるDDLを生成します。生成されたDDLを変更するには、SQLエディタ.sqlファイルを開きます。