Asterテーブルの定義 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
Aster Databaseにテーブルを作成する場合は、次のガイドラインに従ってください:
  • 各テーブルは、ファクト テーブルまたはディメンション テーブルのいずれかである必要があります。
  • Aster Databaseは、ほとんどのテーブルを物理的に分散するため、各分散テーブルの行はクラスタ全体に格納されます。テーブル オブジェクト フォームのストレージ タブの分散方法フィールドでは、分散キーを指定することによりデータの分散を制御することができます。
  • オプションで、ラージ テーブルのデータを子パーティションに分割することができます。分割によって、クエリーの応答を高速化することができます。テーブル フォームのストレージ タブのパーティション基準フィールドではデータの分割方法を制御することができます。

Aster Databaseのテーブル型の詳細については、<Teradata Aster® Databaseユーザー ガイド>を参照してください。