Teradataデータツールの設定 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities

Teradataデータツールの設定ダイアログを使用して、メタデータ情報を取得するためのビューの使用を制御するオプションを構成し、サイズメトリックの表示のバイト増分を設定します。

Studioアプリケーションはシステム ビューを使用して、データベースのリストなど、表示するための情報を取得します。通常、ビューは、VビューとVXビューの2つの形式で利用できます。権限やデータベースの設定方法によっては、1つの形式からしか情報にアクセスできない場合があります。

  1. ウィンドウ > 設定 > Teradataデータツールを選択します。
  2. さまざまなオブジェクトのメタデータをロードするときに使用するV、VX、またはカスタム ビューを選択します。 カスタム オプションを選択した場合は、テーブルまたはビューの完全修飾名を入力する必要があります。
    テーブルまたはビューも、関連するDBCビューとまったく同じ列名とデータ型を提供する必要があります。 たとえば、データベース リストにカスタム ビューを提供する場合は、DBC.DatabasesVXビューと同じ列を含むテーブルまたはビューに完全修飾名を指定する必要があります。
  3. サイズ設定で、KB、MB、GBの増分を1000の倍数にするか1024の倍数にするかを選択します。
  4. 適用をクリックしてから、OKして変更内容を保存します。