Analytics Database(Teradata)からのデータのエクスポート - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
  1. データ ソース エクスプローラを開き、テーブル名を右クリックしてデータ > データをエクスポート を選択します。
  2. データ転送ウィザードで、ソース タイプを選択します。
  3. 起動をクリックします。
  4. 以下のいずれかの操作を行ないます。
    この宛先タイプを選択した場合 次の手順を実行します。
    Hadoop
    1. Hadoop接続プロファイルを選択します。
    2. エクスポートしたいテーブルを含むデータベースを選択します。
    3. デフォルトでは、新規テーブルが作成されます。 個々のテーブルを選択するには、新規テーブルの作成チェック ボックスをオフにします。
    4. 新規テーブルの作成が選択されていない場合は、エクスポートするテーブルを選択し、次へをクリックします。
    5. 列の指定ダイアログ ボックスにて、
      • 新規Hadoopテーブルの名前を入力し、ドロップダウンメニューからファイル タイプを選択し、区切り文字を入力します。
      • Hadoopテーブルに転送するTeradataテーブル列のボックスをオンにします。
      • テーブル列型のマッピングを表示して割り当てます。
      • ジョブ名を入力します。
    外部ファイル (FastExport)
    1. 参照をクリックして、出力ファイルを指定してします。
    2. ファイル タイプを選択します。
    3. (オプション)データの最初の行を新規テーブルの列ラベルとして使用するように指定するには先頭行の列ラベル チェック ボックスを選択します。
    4. 区切り記号付きテキストファイルタイプを指定した場合は、ファイルのオプションセクションのフィールドに入力します
    5. 次へをクリックし、データまたは列によるフィルタ処理を設定します。
    6. (オプション)次へをクリックして、選択した内容によって生成されたSQLを表示します。
    Teradata
    1. Teradata接続プロファイルを選択します。
    2. エクスポートしたいテーブルを含むデータベースを選択します。
    3. 新規テーブルの作成チェック ボックスを選択して、データを新規テーブルとしてエクスポートします。このオプションを選択すると、テーブル リストが無効になります。
    4. エクスポートするテーブルを選択してから、次へをクリックします。
    5. (オプション)デフォルトでは、エクスポートされたデータがコピーされます。
    6. (オプション)エクスポート中にテーブルをロックするには、テーブルのロック チェック ボックスをオンにして、次へをクリックします。
    7. テーブルの列にフィルタを設定し、ジョブ名を指定して、次へをクリックします。
    8. SQLの概要を表示します。変更を加えるには、戻るをクリックします。
  5. 完了をクリックします。