構造化UDTの作成 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
構造化UDTには、事前定義された型または他のUDTに基づくことができる1つ以上の属性を持つことができます。例えば、Address UDTは、street number(番地)、street name(通りの名称)、city(市)、state(州)、およびzip code(郵便番号)を属性として持ちます。
  1. ナビゲータで、データベースを展開し、SYSUDTLIBデータベースを右クリックして、ユーザー定義型の表示をクリックします。
  2. オブジェクト リスト ビューア ツールバーで、""をクリックします。
  3. 一般タブをクリックして、新しいUDTの値を入力します。
  4. 属性タブをクリックして、新しいUDTの値を入力します。
  5. オプション タブをクリックして、新しいUDTの値を入力します。
  6. 新規UDTを作成するために接続システムで実行されるSQLコードを表示するには、エディタで SQL を開きますをクリックします。
    プロパティ フォームが閉じます。SQLを表示した後にUDTを保存する必要があります。
  7. ""をクリックして、フィールド情報と変更したSQLを保存します。