JDBC接続プロパティの追加 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
接続プロファイルを作成または編集するときに、JDBC接続プロパティを追加できます。また、JDBCプロパティはデータ ソース エクスプローラまたはナビゲータからいつでも編集することができます。
  1. Aster Database接続プロパティで、JDBC 接続プロパティの横にある追加をクリックします。
  2. JDBCプロパティで追加するプロパティを選択します。
  3. (オプション)JDBCプロパティを作成するには、USER_ENTERED_PROPERTYを選択し、名前およびペアになる値を入力します。
    1. プロパティ名プロパティ値を入力します。
    2. OKをクリックします。
    プロパティ値は、プロパティ値の選択フィールド内にname_property>=<property_value>として表示されます。
  4. OKをクリックします。
    新規プロパティ値がJDBC接続プロパティに表示されます。
  5. プロパティの保存をクリックして、JDBCプロパティを保存します。
    プロパティがリスト内にすでに存在する場合は、確認ダイアログが表示されます。OKをクリックして、リスト内のJDBCプロパティを置き換えます。
  6. 複数のプロパティを追加するには、手順を繰り返します。