データベース オブジェクトのDDLの生成 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
前提条件Asterシステムの場合、これはAster 6.10またはそれ以降にのみ適用されます。
DDLの生成ウィザードでは、データベースおよびデータベース オブジェクトのSQL CREATEおよびDROP文を生成します。SQLをスクリプト ファイルに保存し、SQLエディタからDDLスクリプトを実行することができます。
  1. データ ソース エクスプローラで、同じ種類のデータベース オブジェクトを1つ以上クリックして選択します。
  2. 選択したオブジェクトの1つを右クリックし、database_type > DDLの生成をクリックします。ここで、database_typeは現在の接続プロファイルのデータベースの種類(例えばTeradataまたはAster)。
  3. 選択したオブジェクトに対して生成するDDL文の種類を選択し、次へをクリックします。
  4. DDLを生成するオブジェクトのクラスを選択し、次へをクリックします。
    生成できるオブジェクト定義は、データ ソース エクスプローラで選択したオブジェクトの種類によって異なります。
    ウィザードはDDLを生成し、結果のスクリプトをDDLの保存ページに表示します。
  5. フォルダおよびファイル名フィールドを使用して、ウィザードで生成されたスクリプトを保存する場所を指定します。
    デフォルトでは、プロジェクト エクスプローラに表示されるSQLフォルダに保存されます。別のフォルダを指定するには参照をクリックします。
  6. DDLのプレビュー領域で、生成されたDDLスクリプトを確認します。
  7. (オプション)編集用にDDLファイルを開くチェック ボックスをオンにすると、終了をクリックするときにSQLエディタでSQLファイルが開きます。
  8. 次へをクリックします。
  9. 前の手順で選択した項目のサマリーを確認します。
    変更するには、戻るをクリックしてウィザードの前のパネルに戻り、変更を行ないます。
  10. 終了をクリックします。
    スクリプト ファイルは、指定した場所に指定したファイル名で保存され、プロジェクト エクスプローラ ビューに表示されます。DDLファイルを編集用に開く場合は、生成されたDDLがSQLエディタに表示され、編集して保存するか、編集されたDDLを実行することができます。