列の指定について - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities

オブジェクト コピー ウィザードを使用して Teradataテーブル データを別の既存のTeradataテーブルにコピーすることができます。新しい宛先列の列名およびデータ型を選択して、列をコピーするかどうかを選択することができます。フィルタを使用すると、より小さなデータ セットをコピーするよう指定することができます。

ソース列の名前/タイプ
選択したソース データベースに格納されているテーブル列のリスト。宛先テーブルの既存列の名前を指定して、宛先テーブルにコピーする列を選択します。
宛先列名/型のリスト
ソース列の名前とデータ型を既存の宛先列にマップするには、各ソース列のオプションを選択します。
リストでソースを選択
リストからフィルタ タイプを選択し、必要に応じてテキスト ボックスにフィルタ値を入力します。列のデータ型に対して有効な値を入力する必要があります。データ型は列名の横に表示されます。
既存の宛先テーブル データのオプション
データを宛先テーブルにコピーする方法を指定します。
オプション 説明
宛先テーブルにデータを追加する コピーしたデータをテーブル内の既存データの末尾に追加します。
宛先テーブルの既存のデータを置換する 宛先テーブル内の既存データをコピーしたデータで置き換えます。
データ コピー ジョブの名前
オブジェクト コピー ウィザードでは、ソース テーブル名に基づいてデフォルトのジョブ名が生成されます。デフォルトのジョブ名は編集できます。
リセット
画面内のすべての値をデフォルト設定に戻します。