Asterテーブルへの外部ファイル データのロード - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
  1. データ ソース エクスプローラを開き、テーブルを右クリックしてAster > データのロード を選択します。
  2. 外部ファイルソース タイプとして選択します。
  3. 起動をクリックします。
  4. 参照をクリックし、入力ファイルを指定します。
  5. ドロップダウン メニューからファイル タイプを選択します。
  6. (オプション)データの最初の行を新規テーブルの列ラベルとして使用するように指定するには、先頭行の列ラベル チェック ボックスを選択します。
  7. (オプション)指定したエラーの数が発生した場合にロード処理を停止するように指定するには、ロードを停止する最大エラー数 チェック ボックスを選択します。
  8. (オプション)ロードの操作中にテーブルをロックするには、テーブルのロック チェック ボックスを選択します。
  9. (オプション)Asterテーブルの既存のデータをロードされたデータで置き換えるには、既存データの置換チェック ボックスを選択します。
  10. (オプション)テーブルにNull行を含める場合は、Null行を含めるボックスをオンにします。
  11. (オプション)表示されたフォーマットを使用する場合は、システムロケールの使用 ボックスをオンにします。
  12. ファイル タイプとして区切り記号付きテキストを選択した場合:
    フィールド 説明/アクション
    列の区切り文字 使用する区切り記号の種類。 次のオプションがあります。
    • カンマ
    • セミコロン
    • スペース
    • タブ
    • | (垂直バー)
    文字列の区切り文字 文字列テキストを区別します。 次のオプションがあります。
    • " (二重引用符)
    • ' (単一引用符)
    • なし。
    ファイル エンコーディング データをエンコードするために使用する文字セット。 次のオプションがあります。
    • UTF-8
    • UTF-16
    • ISO-8859-1
    • UTF-16BE
    • UTF-16LE
    • US-ASCB
    • Cp1252
  13. Excel (.xlsx)またはExcel 97-2003 (.xls)を選択した場合は、ロードするデータが含まれたExcelワークシートを選択します。
  14. 終了をクリックします。